アルバイト雇用・転職のことなら 『 アルバイト雇用の Go for workers! 』 へ


ホーム>アルバイト雇用とは?

アルバイト雇用とは?


アルバイトという言葉は、ドイツ語のArbeitからきています。英語ではworkに相当します。その第一義として、学業や本業のかたわらに賃仕事をする事となっています。 パートタイム労働法第2条によりますと、 「短時間労働者」とは、一週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の一週間の所定労働時間に比べて、短い労働者を言います。


実際にアルバイトをする上での重要点として挙げられるのは

@時間外労働について
A有給休暇について
B解雇について、、、の3項目について押さえておくのがオススメです。

@時間外労働について


これについては、パートタイム労働者、またアルバイトも正社員と同じように労働基準法が適用されます。同法第32条・第37条によって、労働時間の基準が定められます。

1.労働基準法第32条
使用者は、労働者を原則として週40時間、1日8時間を越えて働かせてはならない。


2.労働基準法第37条
時間外労働をさせる場合、1日8時間を超えた時間については、通常の賃金の2割5分以上の割り増し賃金を支払わなければならない。また、休日及び深夜労働をさせる場合の割増賃金の率は深夜労働が2割5分以上、休日労働は3割5分以上とされています。時間外で深夜時間になる場合などは、割増率を合算して計算します。

 

A有給休暇について


パートタイム労働者であったとしても、年次有給休暇をもらう事が可能です。労働基準法第39条第1項においては、6ヶ月間の継続勤務、また予定労働日数の8割以上出勤する事が、年次有給休暇の取得条件とされています。

 

B解雇について


解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。(労働基準法第18条の2)

また、パートタイム労働者、またアルバイトであったとしても、一定の要件を満たせば雇用保険や社会保険に加入する事が可能です。

 

 

トップに戻る

c 2008 アルバイト雇用の Go for workers! all rights reserved.